読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某旧帝大医学部イケメンにインタビューしてきた 【前編】

 

こんにちは、ぱんのです。今回はインタビュー記事です。

後輩の医学部イケメン(以下Xくんとする)にいろんなこと(生い立ち、医学部について、恋愛、趣味など)を聞いてきました。根掘り葉掘り聞いたので、嫌われていないか心配です。

 

f:id:lolllol:20160518134138j:plain

画像出典:【診察してください!】「最後の希望」イラスト/椎名ゆか [pixiv]

※画像はイメージです。

 

Xくんについてざっくりおさらいすると...

・大学2年生、今年22歳

・見た目は可愛い系、異国情緒を漂わせた顔立ちのイケメン

男子校でミス3位か5位をとったらしい(ミスターじゃないよミスだよ)

酔うと前世の記憶が出てくる(らしい)→同期によるガセネタでした

言動がちょくちょく面白い

 

詳しくは過去の記事をどうぞ。

lolllol.hatenablog.com

 

5月末日、とある居酒屋にてインタビューを敢行しました。

 

私「インタビュー引き受けてくれてありがとう。急に、びっくりしたよね笑」

X「はい笑 でも正直、自分のことでそんな面白い話ができるか心配なんですけど、大丈夫ですかね笑」

Xくん、コンテンツの質まで気にかけてくれるナイスなやつです。

以下、インタビューの内容をまとめました。

 

男子校でミスコン4位

私「ミスコンで3位だか5位だか獲ったって本当?」

X「3位でも5位でもなく4位ですけど、はい笑」

私「すごいね、どんな感じのミスコンなの?」

X「文化祭で行われるやつで、全学年自薦他薦問わず参加できるんですよ。部活の先輩に一緒に出ようと誘われて、出ることになったんですけど、その先輩は結局出なかったという笑」

私「最悪なパターンだ笑 どんな服装で出たの?」

Xサリー着て出ました。母がインドで買ってきたやつ」 

私「ガチなやつかよ。でも似合いそう!(Xくんは異国情緒漂う濃ゆい系のお顔立ち)」

Xびっくりするくらいすごい評判よかったんですよね笑 メイクもちょっとして」

私「へ~!!(絶対だれか惚れたやついそう...)4位って何人中なの?」

X「予選が15、6人いますね。二日間あるんですけど、一日目は一般のお客さんに見せるための足切りで、二日目は選りすぐりのやつが出る仕組みです。ガチで可愛い枠とネタ枠があるんです」

私「もちろん可愛い枠で?笑」

X「の、つもりですね笑」

私「そっから女装にハマったりしなかった?」

X「それはなかったですけど、女装はすごい楽しかったですね笑」

 

小学校時代・中学受験

Xくんは、めちゃくちゃ頭いい中高一貫校に通っていたのですが、そこに入る前の小学校時代の話をまず聞きました。

 

私「Xくんはどんな小学生だった?」

X「野球やったり、児童館でキックベースしたり、友達んち行ったり、駄菓子屋さん行ったり、ふつうの小学生でしたね」

私「そうなんだ、意外。そっからなんで難関校に行くことになったの?」

X父と母が出会ったきっかけの人に、後に通うことになる学校(中高一貫のトップ校)を勧められて、塾に通い始めることになったんですよ。小5の6月から塾に入りました」

私「そのひと何者なんだ笑 塾では、勉強に苦労したりした?」

X「小5の一年分を半年で仕上げなきゃいけなくて、ちょっとしんどかったですけど、そんな大したことはなかったですね。小6の夏休みだけがんばってあと遊んでました笑

私「すごいね!」(くうううぅぅ、もともと賢いやつの余裕だよコレが!!!)

 

トップ校にいた中高時代 

私「中高時代はどんな感じだった?」

X「男子校なので、気楽でよかったですね。自由な校風だったので、変なことしてやろうと思ってました。特になんもしなかったですけど笑」

私「なんだそれ笑 授業とか教科書とかやっぱり変わってたりする?」

X「授業は一般的な私立の学校と進度は変わらないかなって思います。高2で高校の課程を終えるくらいですかね。教科書は独自のものを使ってました。社会科は、教科書ではなく詳細まで深く掘り下げられているものでしたね、普通に本屋さんで売ってる歴史の本みたいな」

私「なるほど、やっぱりふつうの教科書は使わないのか。真面目にやってたの?」

X中学も高校もずっと遊んでましたね。高校は行って頑張ろうと思ってたけど、結局最後まで遊んでました笑 だから浪人することになったんですけどね」

私「自由な校風だと、モチベーション保つの大変そうだね。成績の格差すごそう」

X「そうですね、高1くらいのときに、上位層と下位層が完全に分かれてました。でも下位層でも受験前の追い上げがすさまじいやつはけっこういました。やっぱり地頭がいいやつが多いんでしょうね

 

“頭が良い”より “地頭がいい” ほうがなんだかカッコいい気がします。地頭がいいって言われたいですね。

 

山岳部

X「部活は山岳部でした。最初は囲碁に入ろうと思ってたけど、勧誘されて入っちゃいました」

私「だいぶジャンル違わない?笑」

X「そうですね笑 でももともと、親に連れられてネパールに行ったときに、山には興味がわいたんですよね」

私「(山に...興味がわく小学生...? 深い...)なるほど。山岳部はどういった活動だったの?」

X「普段はランニングとか体力づくりをします。週4くらいですかね。で、季節ごとに合宿あって、1000メートル級から3000メートル級まで登ってました

私「けっこう本格的なんだ。つらそうだけど、大丈夫だった?」

X「中学の頃は身体ができてなかったから、しんどかったです。8時間くらい歩いてたりしますからね。でも慣れてくると、大丈夫です」

私「そういうもんなんだ。けっこう部活には顔出してたの?」

X「毎日部室でだべってました。部室は先生の目もなくほとんど無法地帯だったので楽しかったです

私「むさくるしい青春って感じでいいね(エロ本回し読みしてそう)」

 

ぶっとんだ友人

 私「それだけ頭がいい人たちが集まってたら、変な人ゴロゴロいそうだね」

X「あ~いましたね。精神病を騙って精神科に行ってたやつとか

私「ま、まじか!(予想以上の逸材いた)」

X「そいつ、精神科行って “妖精さんが見えるんですよ~” みたいなことを言ってたらしいです」

私「なんでそんなことするの?」

X「面白いから、らしいです。行った後に、“あの医者、話も聞かずに薬だけ出しやがった”とか愚痴ってくるんですよね笑」

私「...めちゃめちゃ反応に困るやつ笑」

X「その友達は、大学入ってから、オランダ行ってマリファナ吸いながら日本の友達とスカイプしてたりするみたいです。スペインで一カ月かけて聖地巡礼したりも

私「ヤバいな、イカしてるな(いろいろパンチありすぎて語彙力が低下)」

 

川辺で世界一くさい食べ物を食べる遊び 

matome.naver.jp

 

X「さっきの変わった友達と、ほかの何人かでシュールストレミングっていう世界一くさい魚を食べたことがあります。室内だとにおい残るから、川辺で」

私「あ、テレビの罰ゲームで時々出てくるやつね。頭いいのか悪いのか笑  どうだった?」

X「食べれないことはないけど、完全に腐ってますね、あれは

私「腐ってる(意外と感想は淡泊なんだね)」

 

ぶっとんだ先生×2

私「変わった先生っていた?」

X「あ~、いました」

 

①国語の先生 赤字はツッコミ

授業あるのによく月曜に休む。理由が二日酔い。それがわりと許される環境。 ←大丈夫なのか?

二回離婚歴あり。養育費、慰謝料とか大変とか言ってたけど、ぜんぜん大変そうに見えず、人生たのしそうだった。趣味はオペラ。馬主になったりも。

「足りない分は体で払え!」がクラスの標語 ←大丈夫なのか?(二回目)

・その先生が休んだときは自習。誰も監督いないから、グラウンドでサッカーしたり。

ほかの先生は、気づいてもなんも言わない「いいんじゃない?」って感じ。最後の授業だったら早く帰る。 ←自由すぎでは?

・教師になる前に建設会社の工場長をやっていた。ある日、出社すると机がなくなっていた。クビにされたらしい。そんな経験が何度かあって、最終的に教師しかやることがなくなった。 ←教師が最後の砦でいいのか?

・夫婦円満の秘訣「家に帰らんこと」 ←二回離婚歴がある人に言われても

Xくんコメント「あの先生絶対キャバクラに行ってた」 ←私は絶対キャバクラ行ってそうな先生に出会ったことがない

 

②世界史の先生

・お寺に所属し、お坊さんを兼任していた。土日はお坊さん。

「昨日は滝行してきました」から授業が始まることも。

・授業中に寺の黒い話をしてくれる。袈裟は高いので数百万円する。「坊主は金の世界やぁあ!」 ←口にしてはいけないやつでは

 

私「中高生には刺激強すぎない?」

X男子中高生にはちょうどいいんです。先生が下ネタばんばん言いますからね。先生はだいたい男の人ですし。

 ゆるい先生だと、生徒が部室で麻雀(学校では禁止されてたけど)やってるのを後ろから見て“それはちがうな”などとアドバイスしてくれることもあります笑」

 私「学校って麻雀できるところだったんだ・・・」

 

 

はい、名残惜しいかと思いますが、前編はここまでです。

 

予告

後編では、Xくんの女の子こじらせエピソードや恋愛、浪人生活、医学部事情、好きな本や漫画、その他ぶっとびエピソード(一時期、玉音放送を目覚ましにしていた、など)をご紹介したいと思います。

それでは、お楽しみに!

 

後編はこちら↓

lolllol.hatenablog.com