読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある女子大生の迷走日記

日記、社会分析のようなもの、小ネタなどによって構成されています。

ふつうの日記

雑感
こんばんは、ぱんのです。
最近はゴリゴリ系の記事が続いていたので、反動からふつうの日記が書きたくなりました。日記といえば、小学生のときに週末に日記を書く宿題がよく出されました。「あのね帳」ってやつ。先生あのね、から書き出すのが良いとされていたらしいですが、全く守っていませんでした。まあ、ロッケンローな小学生だったのです。
 
f:id:lolllol:20160626004321j:image
 
日記、嫌いだったなあ。どこかちゃんとお出かけしないと、書けないって思っていたので。自分の心の中に浮かんでくることをつらつら書く、などという芸当はできなかったのです。
だから、「今日はマクドナルドに行きました。ハッピーセットのおもちゃがしょうもなかったので、とてもがっかりです」なんて書いていました。ショッピングモールに行きました、とかね。たいてい楽しかった、なんですよね。表現の幅もないからね。読み返してみても、小学生らしい発想がユニークなやつなんてありませんでした。ざんねん。
 
将来の夢に「お父さんみたいに会社員になって、1日も休まずに働きたいです」って書いてました。まさかの将来の夢が社畜
隣の子が、スチュワーデスが将来の夢だー、って言っていて「文に書いたら、私の将来の夢はスチュワーデスです、になるんやけど。ですです、やってー、変なのー」と面白がっていました。なぜかこのくだりをめっちゃ鮮明に覚えています。ですです、とニヤニヤしてつぶやきながら、わたしは社畜な夢を書き殴っていたわけです。
 
あれ、日記書こうとしたら話がずれていました。今日の話をします。今日は朝7時くらいに目が覚めました。3時に寝たのに。最近はやたら朝早くに目が覚めます。意味がわかりません。わたしのアイデンティティのひとつにロングスリーパーというのがある(中学生のときに17時間を記録しました)にもかかわらず、このザマです。ちなみに、胃腸が強いというのもアイデンティティのひとつだったのですが、最近はめっきりおながが弱くなってしまいました。アイデンティティ喪失の危機です。つらい。絶対、二つとも取り戻してみせます、ええ。

そう、それで朝早くに目が覚めて(話が進まない)、スマホでニュースをチェックしたりなんかして、あとはてなブックマークをやっと使いこなせるようになったので、がんがんブクマします。なんて便利なんだ!はてなブックマーク!これまではまた読み返したいと思う記事のURLをメモ帳に地道に貼り付けていたのに! 他の人の反応まで見れるなんて。もっと早く教えてくれよな。今更だよ。
 
f:id:lolllol:20160626005322j:image

そして朝ごはんを食べて、ウクレレを弾きました。ウクレレは今年の頭にはじめたのですが、めっちゃ楽しいです。小さいので、弾きたいときにさっと出せるし、軽いし、音はリラックスできるし。いまは、チェリーとか3月9日を練習しています。十八番は島ん人ぬ宝です。いずれ沖縄に移住したときに、ごあいさつで弾けます。これでご近所ウケは完璧でしょう。
 
朝早く起きすぎたので、昼前に昼寝。昼前に昼寝ってアリなの? そう、その背徳感にゾクゾクするのです。昼ごはんのときに起こされました。昼ごはんは、おいしいかおいしくないか微妙なラインのステーキが出てきました。でも、ステーキというとご馳走という扱いだから、おいしいおいしい! と言って食べました。食べ物の評価はいつもそんな感じです。基本、おいしいと言っておきます。ポン酢入れたらたいていのものは食べられると考えています。
 
そのあとは、卒論のためのお勉強。本をひたすら読みます。集めた論文は未だ手をつけられていないので、いささかやばいかもしれません。あはは。そういえば、大学にない資料を入手するために、青学に紹介依頼を申し込んだのですが、ネットを介してだとダメと言われました。噂の青学に入ってみたいなあ。絶対浮くだろうけど! なぜ青学かと言うと、月末に東京行くし、渋谷だから青学近いし合法的に侵入できるなら空気を感じてみるか、と思ったんですよ。書いてみたらすこしキモかったのでこの話はもうやめます。はい。
 
勉強はすぐに飽き、頭もすこし痛かったので本日2回目の昼寝。すばらしい日だな、と思いながら眠りにつきました。妹の「お姉ちゃん、スクワットってなにー!?」で起こされました。妹、寝ている人への遠慮という概念がまだありません。腹が立ったので、「なにそれ知らん!!」と返しました。
 
さて、そろそろ飽きたので、以下略とさせていただきます。みなさんも、面白記事とか役に立つ記事ではなく、たまにはふつうの日記を書いてください。気になります。
 
それでは、おやすみなさい。