読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【17卒 選考体験記】 とある広告会社の一次面接 

 f:id:lolllol:20160427173940p:plain

アイキャッチ画像にとりあえず「広告」と入れたかっただけで記事とは無関係です。

ちなみにこの雑誌は面白いので愛読してます。

よろしければどうぞ ↓

広告 2016年 05 月号 [雑誌] : 本 : Amazon

 

こんにちは。某総合広告会社の一次面接に行ってきたので、感想と反省などを記録がてら書いておこうと思います。誰かの参考になれば幸いです。

一次面接は学生5人、面接官1人で、時間は30分から40分ほどでした。

 
なんと私は持ち物の欄をちゃんと見ていなくて、受付表も個人情報なんたらの紙も、持参どころか印刷さえしておらず、その場で用紙にサインしました。何も持って行かずに面接に行けるわけなかったですね、みなさんも気をつけてください。
 
質問項目は4つありました。
 
1、他人からの評価をふまえて自己紹介、良い面も悪い面も述べる
2、学生時代に力を入れたことと、そこから自分がどういう人間なのかを述べる
3、日経新聞で気になったトピックスを30秒で(日経新聞に実際に記載されているかは問わない、そういうビジネス関連のニュース)
4、①どのような業界を受けてる?(広告でなくても理由は求めない)
     ②アピールしたい自分の一面(これまで述べた自分の別の一面)
 
答える順番は右から、左から、とかではなく答えたい人から手を上げる方式でした。公平性があっていいシステムだと思います。

〈感想〉

今回が初めての集団面接で、めっちゃ緊張しました。
廊下で一列になって座って待ってるときに「うお~~これが世にいう就活か~!!」と実感しました。
 
いちばんに手を挙げていた人が、自己紹介からすごい流暢で慣れてる感じでビビりましたが、なんとかその場その場で答えを考えて乗り切りました。
 
志望動機や、エントリーシートでつっこまれたとき用の答え、はわりと準備したのに全く聞かれななかったです。というかそもそもエントリーシート提出するのが直前すぎて、書いた内容を一部控えてなかったので、良かったっちゃ良かったんですけどね(笑)
 
 
 

〈今回のおさらい〉

・1分で、30秒など時間指定されたときのしゃべる感覚を身に着ける(特に集団面接の場合は)
・自己紹介(強み弱み)、周りからの評価、学生時代に力入れたことを固めて話す順番をよく考えておく。短い~長い時間バージョンを用意するとよさげ。
・面接を受ける前に、自分のどういう側面をその企業では推し出していくのか考えておく
・経済ニュースに目を通し、知識人のコメントを参考にした上で、そのニュースに対する自分の考えを書いてみる
 

〈今回の人の振り見て我が振り直せ〉

・個別指導塾の話はとりあえずやめる(2人かぶっていた)
・聞かれたこととズレているのに、エピソードを喋りたいがためにエピソードを喋るのはやめる
・話したいことを話すのではなく、質問に対しての答えを的確に、簡潔に。
面接官が深く掘り下げたいところは、こちらが話し終わった後に聞いてくれるので、聞かれたら細部を話す。
 

〈追記〉

こんな感じで初めての集団面接が終わりました。ふ~やれやれ。
これからも選考体験記をタイムリーに上げていくので、気になる方は 読者になる をぽちっとしてくれるうれしいです。
 
それではこのあとはESをひたすら書こうと思いまーす(死んだ魚の目)