公園とビニール傘と悩み

f:id:lolllol:20180305173330j:plain

平日の昼下がりの公園に行けば、たいてい“可愛い”に出会える。お母さんと一緒に来ているちいさな子供、散歩に来ている犬。

遊具がある公園だと、子供に出会える確率は高い。

今日出会った子供は3才くらいの男の子。青いダウンと白いピカピカのスニーカーがよく似合っていた。

大人と違って、子供はじっと見つめてもいいような気がするから、見つめてしまう。そうすると、子供もこっちを見てくれる。

お互い、ニヤニヤする。大人相手だったらこんなの変態だと思われるけど、子供だったら、大丈夫。

男の子は、揺れる遊具(またがるやつ)の周りをうろちょろしたり、遊具の方に向かって感慨深そうに「ああああああ」と叫びながら走って行ったり、

少し離れたところにいるお母さんを「ま、まーーー」と呼んだりなどしている。

 
犬は、飼い主と一緒にベンチに座っていた。なんだろう、同期が飼っている犬と同じ犬。なんやっけ。トイプードルか。

茶色くて、くるくるのモワモワの毛を持つ犬。彼が好きな犬は、なんて言うんだっけ。忘れた。とにかくその犬が可愛いという。偏愛というやつだ。

江ノ島に行く電車をホームで待っているときに、画像検索をして調べたけど、別に可愛くもなんともない。普通の犬。コーギーだ。

お尻が可愛い、と彼は言う。前飼っていたから、可愛く見えるんだろう。彼は、自分と強い関わりを持った、と感じるものを理由なく、強く愛していられるんだと思う。

こないだも、私のことを可愛い、って言ったときに私は、「じゃあ、私より可愛い子があらわれて、その人に好かれちゃったらどうする?」っと聞いたら、

「いや、それは順番だし」と言っていた。順番。

そこを順番と考えるのは、律儀と表現するべきなのだろうか。

 

彼の好きなコンビニはファミリーマートだ。ファミリーマートには、好きなものがたくさん揃っている、と言う。

「俺、ファミマしか目に入ってないのかもしれない」と昨晩はファミマへの重すぎる告白をしていた。

最近のお気に入りは、大きな袋に入った厚切りのポテトチップスだ。チキンとたまねぎのコンソメ味、など、料理か、と思うような

凝った味が多い。確かに美味しい。昨晩は、一緒にお風呂に入ろうということになって、さあ行こうというときに、

私がポテチを見つけてボリボリ食べていたら、「いくよ、食いしん坊」と言われた。食いしん坊で、ごめん。

  

公園、ただおだやかな時間が流れる。岸さんの「ビニール傘」を読む。

岸さんの「断片的なもの」への眼差しや描写を小説で読むことができる。あまりにもありふれた風景の描写や感情だから、自分の中のそれを呼び起こして、感傷的になってしまう。

たとえば、数秒前まで一緒にいた人と別れて一人になったときのあっけなさとか、お互い一緒にいたいのに、一緒にいても「何も面白いことはない」こととか。

「ビニール傘」は大阪を舞台にしている。

大阪に帰りたい、と思う。おじいちゃんとおばあちゃんに会いたい、とも思う。

おじいちゃんとおばあちゃんは日本には、いないのだけれど。

おばあちゃんから着信があったから、折り返したら、出てくれなかった。おばあちゃんはいつもそうだ。

かけて、折り返し、かけて、折り返し。お互いが出られるタイミングが、なかなかない。そうやってすれ違っていううちに、おばあちゃんがいなくなってしまうのが、とても怖い。

おじいちゃんにもかけてみたけれど、やっぱり出なかった。

おじいちゃんとおばあちゃんに会いに行かなければ、と思う。いまのうちに会っておかなければ、と思うけれど、お金もないし時間もない。貧乏ひまなし。辛い。いや、実際時間はあるのだけれど。

会社員なので、どうしても厳しい。転職活動をしなきゃ、と思うものの、自分は何がしたいのかいよいよわからなくなってきている。どうしよう、どうしようと思っているうちにダラダラといまの会社に居続けるのも、怖い。

 

大阪に帰りたいけれど、彼と離れるのはとても考えられない。

彼は、あと2年で就職になる。どこに就職するの?と聞いたら、町田に勤務先がある会社がいい、と言う。

なんで?と聞くと、そこは転勤がないから、と言う。彼の地元は、福岡なので、福岡に帰らないの?と聞くと福岡は多分探しているような仕事もないし、私が居ない、と言う。

「ずっと東京にいるか、わからないけど」

「え、東京にいたいんじゃないの?」

「うん」

「じゃあ、どこでもいいけど。着いてきてくれるなら。あ、もしフランスでも、ついてきてくれる?」

フランスはどうだろう。

 

f:id:lolllol:20180305172851j:plain

 

何をしたいのかわからない。働くというのは自分の能力や時間を差し出すわけだから、

自分が社会になにを提供していきたいのか、考えるべきだと思う。

一方でも自分がどう生きていきたいのかも、考えるべきだと思う。

その二つのバランスを考えて、仕事を選んでいかなければばならない。

ツイッターでは、やりたいことよりも、やりたくないことをしなくて済むような仕事がいい、と言っている人がいた。

確かにそちらの方が、精神衛生上いいと思う。

ただ、やりたいことってやりたくない部分もあると思う。

文章を書くのが好きだけど、仕事だととりたてて興味もない内容に関する文章を書かされるかもしれないし、

何かを考えるのが好き、だと言ってもクライアントに延々とNOと言われてそれでも考えなくちゃいけなかったする。難しいもんだ。

(そうは言っても、これまで仕事で何回か文章を書いたけれど、それなりに達成感と満足感があってよかった)

負荷があるからやりがいがある、っていうこともあるし。

 

営業はやりたくないなって、思う。新卒1年目なので、去年4月から電話対応をしてきた。営業の電話が度々かかってくるが、弊社ではとりあえず「担当者は外出中です」と言って断ることになっている。

そうやって営業担当者は断られてばかりいて、それでいてノルマはあって、プレッシャーに追われていることが想像できる。

 

自分ができることなんて、本当に限られている。

専門技術があるわけでもなし、たいした資格があるわけでもなし。めちゃくちゃ得意なことがあるわけでもなし。

ちょっといい大学を出たからって、得意げになっていたけれど、内定も全然とれなかったし、

エントリーシートWEBテストが通りやすいだけだった。結局、最終まで通らないと意味がないから、無駄に期待して無駄に傷つくだけだった。就活が苦手なのかな。

昨日、NHKの就活応援TVなるものがあった。そこでは、企業が求めているものは、主に自社への情熱と人柄、そしてコミュニケーション能力ということだった。

情熱というものが足りないのかもしれない、と思った。絶対どこかの業界に入りたい、とかどこの会社がいい、とかはない。

ちゃんと残業代と賞与がもらえて、社内の雰囲気が良くて、残業がすごく多いわけではなかったら、それでいい。

そんな状態で、どうやって情熱を見出すのだろうか。

 

f:id:lolllol:20180305173334j:plain

 

 <追記>

「何をしたいか わからない」で検索したら、知恵袋のページを見つけた。

このベストアンサーの言葉に救われた。菩薩様かな。

自分がどうしたいのかがわからないんです。24歳女性、社会人3年目です。昔から何... - Yahoo!知恵袋

 

まず初めに言いたいのは、あなたが今いる場所を、あなたが努力してきたから得られたその場所を、他でもないあなたが否定すべきではない、ということです。
不満に思うのはいいんです。不安に駆られるのはいいんです。
でも、今いる場所を否定することは決してしてはなりません。それをするということは過去の自分を否定することで、過去を否定するということは、これから先どこへも行けないということだからです。