読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月8日の日記

 

サークルの同期の誕生日だから、お祝いのLINEを送った。去年その人に送ったらまさかの未読スルーされた。後々になって聞いたら、アカウントを変えていて気づかなかった、とのこと。誕生日を祝うLINEという100%の好意に基づくものをないものにされたのは、悲しかったしちょっと笑えた。

今年は、ちゃんと返ってきた。二十歳過ぎると歳をとる意義が見出せなくなったこと、一日10時間以上寝ていること、ゲームとアニメと睡眠を一日3サイクルくらい繰り返していること、といった情報まで得られた。サークルも引退し、就活も落ち着いたのか立派な廃人となったようだ。おめでとう。

彼を廃人状態から救い出すべく!「今日大学行くならパフェを食べに行こう」と誘ったら、ゼミの発表の準備があるから無理と言われた。誕生日にゼミ発表だなんて最悪だ、ご愁傷様。わたしの誕生日も大学の試験期間といつも被るから同じようなものか。みんな忙しくて他人の誕生日どころではない。

「でも来週なら行けるから、行かへん?」とのことなので、来週パフェを食べに行く。夏はパフェ。パフェがあればなんでもできる!!

 

そんな感じでパフェに思いを馳せながら登校。一週間に一度の登校日。卒論の概要発表を聞いた。面白いのと面白くないのがあった。ごりごりの理論のと、フィールドワークがんばる! というのには、あまり興味がわかないことに気づいた。

 

授業後、久しぶりに食堂でご飯を食べた。鶏肉とパプリカのマリネのようなものを初めて食べたが、美味しかった。レシートを見たら800キロカロリーほど摂取していることがわかって、落ち込んだ。緑の点数もまるで足りていなかった。なんてことだ。久々なので点数をいい感じにする能力が失われてしまったようだ。

 

f:id:lolllol:20160709015637j:image

 

お腹も満たせたところで、資料集めのために図書館へ。湿気と暑さと眠さに何度も殺されそうになりながら、なんとか資料をそれなりに集めることができた。おつかれ、と自分に言いたい気分だった。図書館で調べ物をしているだけで眠くなるスイッチが入ってしまうようだった。条件反射かもしれない。

 

靴ずれに殺されそうになりながら家に帰ったら夜になっていた。またご飯を食べて、なんとなくテレビを観て、本を読んでネットして、お風呂はいって、今に至る。正義と微笑を読んでいたら、自分もだらだらとした日記を書きたくなったので、今これを書いている。