読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“保育園落ちた 日本死ね” を丁寧にしてみた

保育園落ちました 

日本はご臨終をお迎えください

 

日本という国はどこに向かおうとしているのでしょうか。

一億総活躍社会ではないのでしょうか。

昨日見事に保育園落ちました。

どうしたらよいのでしょうか。わたしは活躍したくても活躍できない状況になってしまったではありませんか。

子どもを産み、育て社会に出て働き、税金を納めているというのに、日本という国はこのわたしに何の不満をお持ちなのでしょうか。

少子化とはいったいなんだったのでしょうか。

子どもを産んでも希望通りに保育園に預けることはほとんど無理、という状況の中で子どもを産む人がどこにいましょうか。

不倫どうぞご自由になさってください。賄賂もどうぞご自由になさってください。

オリンピックで何百億つぎ込むつもりなのでしょうか。エンブレムには全く興味・関心ございませんのでそこはあまりお気になさらないで、保育園を作ってくださいませんか。

有名デザイナーに支払うお金があるのなら、保育園を作ってくださいませんか。

私は会社をやめなくてはなりません。日本の行政を担う政治家の方々には真剣に考えてほしいのです。保育園を増やせないというのなら、児童手当を20万にしてはいかがでしょうか。

保育園も増やせないし、児童手当も数千円しか払えないけど、少子化対策を進めたい、なんてそのような都合のいい話があるのでしょうか。

国が国民に子どもを産みづらくさせてどうするつもりですか。

お金があれば子どもを産むという人はたくさんいると思います。だから、子育てのための補助金を給付するか、子どもにかかる費用を無償にしてくださいませんか。

不倫をなさったり、賄賂を受け取られたり、ウチワをお作りになっている議員たちを見繕って国家議員を半分ほど解雇すれば、財源は確保できるでしょう。

日本の中核を担う方々、そろそろ現実に向き合ってみませんか。

 

参照:

【Column】 保育園落ちた日本死ね (ブログ記事全文) | Writerzlab